国立精神・神経医療研究センター

【研修番号:302-12①】平成30年度 睡眠の問題に対する認知行動療法の研修 ベーシック

不眠と概日リズムの問題にする認知行動療法の研修

目的:不眠症と概日リズム睡眠障害は有病率が高く、多くの臨床家が遭遇しうるクライエントの抱える問題の一つです。また精神疾患の再発予防や復職支援の観点からも睡眠の問題のケアは欠かせません。そこで本研修では、不眠症や概日リズム睡眠障害の方だけでなく、身体・精神疾患を有し、不眠や概日リズムの問題を抱えた方に対する認知行動療法を習得することを目的とします。

開催概要

日時 平成30年11月9日(金)10日(土) 2日間  10:00~17:00  申込み期間:平成30年7月24日(火)から平成30年10月1日(月)まで
会場
〒187-8551 東京都 小平市小川東町4-1-1
参加費 3万円(一括払い) 
定員 40名(応募者多数の場合には抽選) 
対象 医療に従事する医師、心理職、看護職、精神保健福祉士、臨床検査技師等。受講前に、下記の参考文献に目を通しておくことが望ましい。 三島和夫(編)不眠症治療のパラダイムシフト―ライフスタイル改善と効果的な薬物療法 医薬ジャーナル社  
主催 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター
共催
協賛
内容 認知行動療法の基礎と基礎原則
認知行動療法における治療関係とコミュニケーション
睡眠障害とその治療法
不眠症に対する認知行動療法
概日リズム睡眠障害に対する認知行動療法
不眠症と概日リズム睡眠障害に対する薬物療法と減薬法
 
備考  
はじめての方は「申込」ボタンをそのままクリックしてお申し込みください。ログインIDをお持ちの方は一度ログインしてから「申込」ボタンをクリックしてお申し込みください。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

ログインID/パスワードをお持ちの方は下記ボックスにログインID、パスワードを入力してログインしてください。
ログインID :
パスワード :
ログインID/パスワードをお忘れの方はこちら

お問合わせ

国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター 研修事務局
 
cbtkenshu@ncnp.go.jp
〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1
※お問合せの際には、メールの件名に【研修番号】を必ずご記入ください。【研修番号】はHPに掲載しております研修タイトルの横にございます。
※回答まで数日いただく場合がございますので、予めご了承下さい。